保育士として実際に働いてみて感じたこととは

保育士の年収で不満がある体験談

 

 

私は保育士として、8年間働いています。初任給は、正社員でひかれて手取りは13万円でした。朝番は朝6時半に出勤していました。

 

遅番は、19時まであるのに残業手当てなどはもちろんないし、職員会議があっても残業手当てなどはありませんでした。もちろん、かなりの持ち帰り仕事が多いですので、土日もプライベートとメリハリがつきませんでした。

 

今は手取りで17万になりましたが、それでも仕事内容にくらべたらかなり少なくて不満があります。保育士は子供の命を預かっているのに、看護師とちがって給料の設定金額がかなり少なくてたまになけてきます。

 

参考書やピアノの練習代などひいたらかなり給料が少なくなります。

 

保育士の正社員の体験談

 

私は8年間、保育士の正社員として働いています。正社員は、私の働いている園では、必ずクラス担任を任されます。とくに、乳児クラスは契約社員さんが多いですが、年長、年中、年少は正社員です。

 

運動会や生活発表会、日頃の指導案など正社員はとくに厳しいです。正社員は、給料が安定しているイメージでしたが、実際はわりにあわない金額でした。

 

正社員はこどもがけがをしたり、保護者からのクレームなど責任をおわれることもたくさんあり、大変でした。あとは、正社員は、生活発表会でピアノの曲がかなり難しいので大変でした。

 

保育士の面接での体験談

 

保育士の面接で一番大切なのは、明るさです。保育士は子供たちの太陽の存在にならないといけないので、明るくてはきはき対応することが園長先生に印象がいいです。

 

あとは、どんな先生になりたいか、なぜ保育士を目指したかなどしっかりすらすらと答えられると内定がもらえます。ピアノは課題曲を暗譜して、歌も歌えるぐらいだと印象がよく、面接で合格する確率が高くなります。

 

あとは、服装は、スーツで髪の毛をひとつにまとめるなど清楚なイメージで面接をうけるといいと思います。その園のよさもすぐに答えれるようにするといいです。