保育士とて働いて思うこと、そして面接のこつ

保育士の現場の仕事内容

 

保育士は、こどもたちと楽しく遊んでいるイメージが強いですが、実際には指導案をかいたり、掃除をしたり、雑用などかなり実際はうらかた仕事が多いです。

 

ピアノの課題曲も難しいですし、子供が大好きだけでは仕事はできません。実際に働いてみて、子供も1クラスで30人を1人でみると大変ですし、子供がすきだけではなかなかメンタルももちませんでした。

 

一番は女の世界なので、嫉妬やいじめがあり、大変でした。私は、一緒に働いているクラスの先輩がいつも悪口や嫌がらせをしてきてすごく大変でした。

 

その先輩は彼氏がいなくて、独身でかなり嫉妬心がつよくて私の指導案をかくしたりしてきました。女のいじめはいじめはこわいです。

 

保育士の面接で受かりやすいこつ

 

保育士の面接は一般企業とはちがうので、保育園の面接で受かりやすいこつは特別です。

 

例えば、保育士はこどもたちと接するので明るくきらきらした存在でなければなりません。また数ある保育園からなぜその保育園を希望したか、その保育園の良さなどをいえるようにしておく必要があります。

 

どんな先生になりたいかしっかり自分のことばで言えるようにすると園長先生の心に響きやすいです。あとは、ピアノをひいて歌えたり、服装を清楚な雰囲気にしたりしてこね人に保育園で働いて欲しいと思ってもらえるようにするといいです。

 

保育士としてやりがいに思ったこととは

 

保育士としてのやりがいの一番は、やはりこどもたちの成長です。自分がこどもたちに教えたり保育する中で、立派に成長してくれると本当に嬉しいです。

 

しかも、こどもたちの成長は無限大なのでかなり教えがいがありたす。こどもたちも私も必要としてくれるので、保育士として働いて本当に良かったと思いました。

 

保育士はこどもたちにとって、憧れの存在になることが大切だと思いました。保育士として働いていたら自分が母親になったとき、かなり役にたちました。保育士の仕事は大変ですが、かなりやりがいがあります。